読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンナー

父親がペンキ屋だったので、子供の頃、家の物置はいつもシンナーの匂いがしていた。薄暗い中にペンキやシンナーの一斗缶が山積みになっている風景が記憶の片隅に薄く残っている。大人になった今もシンナーの匂いをかぐと懐かしい気持ちになる。