読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅コーヒーの最適解!V60珈琲王&ナイスカットミル

今年買ってよかったものベスト3の第2位は「V60珈琲王」と「ナイスカットミル」でした。

家で飲むコーヒーをどうするかについては、ずっと考え続けてきたんですわ。

それまでは普通に安い電動ミルで豆を挽いて、ハンドドリップで入れていた。でもなかなか満足できるクオリティにならなくて、もうコーヒーは外でしか飲まん!家ではお茶だ!とかってなってた時期もあったりして。

そもそもハンドドリップがヘタなのが一番の問題なのである。細口のケトル持ってないせいもあってか、同じ豆で同じように入れても日によって味にバラツキが出てしまう。だからってコーヒーメーカーで入れたコーヒーはあんまりおいしくないっていうイメージもあって、どうしたもんかなーと思っていた。

そんなときに出会ったのがハリオのV60珈琲王です。

ハリオのV60っていう円錐形のドリッパーがいいらしいっていう話は以前から聞いていた。世界中のカフェで愛されてるってハリオのサイトに書いてあった。

そんなすごいやつをコーヒーメーカーにしたV60珈琲王は、ハンドドリップ用のV60のドリッパーとポットをそのままマシンにセットできて、あとの蒸らしとか抽出とか難しいところをぜんぶ機械が適切な感じでやってくれるっていう仕組みらしく。ああ、それだったら確かにうまいでしょうよ!と思って、15000円くらいするけど思い切って買っちゃうか!と心を決めた。

で、珈琲王の導入にあわせてミルも新調することにした。電動ミルも高いのから安いのまでピンキリで、方式もカッター式とかグラインド式とかあるんだけど、いろいろ調べてみるとだいたいナイスカットミルかみるっこDXしかないだろって話に落ちつくわけです。識者がみんな口を揃えてそのように言う。値段はどっちもだいぶ高い。でも毎日のことだし、一度買ったらずっと使うだろうし、この際思い切っていいやつにしようと思って、カリタのナイスカットミルを買うことにした。

ちなみにナイスカットミルはブラック、レッド、シルバーの3色あるけど、シルバーだけ粉受けがステンレスカップになってて手入れがラクなので、買うならシルバーがいいと思う。

というわけで珈琲王が15000円、ナイスカットミルも16000円くらいしたけど、この2つのマシンによって我が家に最強のコーヒー環境が完成した。やった!

コーヒーの豆は近所にあるモルティブという店が間違いない感じなので、そこで新鮮なやつを買っている。ナイスカットミルで挽いて、珈琲王にぶちこむと、それだけで毎回100点のコーヒーになります。

もちろん自分でハンドドリップで入れてたときも100点採れることはあったけど、このシステムだと毎回必ず100点。何も考えなくてよくて安定感と安心感がすごい。

言っちゃなんだが、だいたいのカフェで出てくるコーヒーよりおいしいし、あー早く帰ってうちのコーヒー飲みたいなとか思うくらい。今は毎朝5杯分のコーヒーを入れて、魔法瓶に移して会社に持っていくのが日課になった。

初期投資は確かにちょっとかかったけど、これはいい選択だったと思うので、この場を借りて皆さんにお伝えする次第です。