読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベッドジャンプ

いつだったか、2、3年前にタッチー&津田っちとサンフランシスコに行ったとき、夜になってホテルに戻って、おれは部屋で一人でカメラのセルフタイマーをセットして、ベッドジャンプの写真を撮ってた。セットしてジャンプ。セットしてジャンプ。ホテルでやることといったらベッドジャンプの写真を撮るくらいしかないのだ。

隣の部屋で寝ていたタッチーは、次の日の朝「ゆうべ隣の外人が扉かなんかを何度もバタバタ開けたり閉めたりしててうるさかった」とぼやいていた。おれは「いや、違うから。隣はおれだし、それは扉の音じゃなくてベッドジャンプの音だから」て言った。言ってやったよ。