読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランキー・オンラインの思い出

思い出

初めてインターネットに接続したのは1995年頃。プロバイダは「フランキー・オンライン」でした。

今となってはなぜそれを選んだかぜんぜんわからないのだけど、たぶん初心者にやさしい感じがしたんだと思う。高城剛がやってるらしいから、なんか大丈夫だと思ってたのかも(←間違い)。あと「〜@franky.com」ていうメールアドレスがかっこよかった。当時はまだ「.co.jp」のサイトが多くて「.com」はなんか企業っぽくない自由な感じがした気がする。または高城剛が「これからはドットコムだよ!」的なことを言ってたのを真に受けたのかもしれない。

でも、当時はなんにもわからないから「インターネットってこういうもんか」と思ってたけど、今思い返すとすごかったよフランキー・オンライン。まず接続すると画面の真ん中に動物だか海賊だかなんだかわからないフランキーくんというキャラがピョコン!と登場して「やあ、フランキー・オンラインへようこそ!」的なことを毎回(裏声で)言う。

そんで、自分は街の中を(そう、フランキー・オンラインの世界は街なんです)てくてく歩いて郵便局に行く。当然だけどこの時点で相当かったるい。で、郵便局に着いて中に入るとやっぱり動物だかなんだかわからん人が出てきて、「やあー、手紙が届いているよー」とゆっくりしゃべって、そこでやっとメールが読める。今思うとめんどくさいんだけど、当時はそれしか知らないからそういうもんだと思ってたなー。あとでメーラーというものがあるのを知ってその便利さに卒倒しそうになった。そのほか街の中ではニューススタンドで雑誌が読めたりとか、デパートに行くとなんか買えたりとか。もちろん買わないけど。

んで、そうだ、思い出した。フランキー・オンラインは使っていくうちにいろいろ新機能が追加されたりするんだけど、ネット経由でのバージョンアップとかじゃなくて、自宅に定期的にCD-ROMが届くのね。新しいCD-ROMを入れると新しい島が追加されてたりして。でもバージョンアップするたびにだんだん必要なスペックが上がっていって、あるときとうとう動かなくなるのだった。そんで、よくわかんないなりに調べて、どうやらメモリが足りないらしいということを知る(その頃使ってたマックはメモリ8MB)。でもとにかく初心者だからメモリ増設とかもよくわからんし、何万円とかするみたいだし。でもバージョンアップしないと新しい島に行けないから(←行かなくていい)、がんばってさらに調べてみると、なんかラムダブラー?とかいうソフトがあるという話を知って、そのソフトを入れるとメモリが倍に増えるというのを聞いて、うわ、夢のようだとか思って、新宿のソフマップに行ってラムダブラーを買って、なんとかまた使えるようになるのだった。1995年あたりはそんな感じのインターネットライフでした。

とにかくおれが言いたいことは何かというと、ほんとインターネットを島とか街とかに例えるのもう一切禁止したい。めんどくさいんじゃボケカスが、ということです。